掲示板

[ 新規投稿 ]  [ 新着順一括表示 ]  [ 新着順タイトル表示 ]  [ ツリー表示 ]   [ TOPへ ]


[00419]6年ぶりの再会 返信 削除
投稿者:越智(中野)由美子
投稿日時:2013/10/19 12:17:26

7期の同窓会から早1週間経ちました。
あの日、季節外れの真夏日で31℃で、暑かったのに、今日はもう涼しすぎて、炬燵がいるかな???って感じです。
季節が動きました〜

同窓会では、幹事の梅沢君、高山君、吉田君、野田さん、お世話になりました。
本当に楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。
梅沢くんはこち亀の両さんみたいで、おもしろかったし、高山君はしっかり7期を取りまとめてくださいましたし、吉田君は2次会の手配をしてくださり、野田さんは細かい心使いで、走りまわってくれました。
幹事さん以外でも、いろいろな作業を手伝ってくださったり、同窓会のためにアルバムの写真を引き出し、展示してくださったり、校歌の準備や和気あいあいをお話しているところを、写真をパチパチ撮ってくださったり〜〜〜
7期っていいですね!
まとまっているというか、自主的に動いてくれているというか・・・

また少しづつではありますが、私のできることってこれくらいしかできないので、掲示板に書き込みをしていこうかなって思っています。
よろしくお願いします。

まず、ひとつ。。。
谷口秀人くんからのお話で、塩野先生のこと。
先日ご病気で、お亡くなりになったのですが、先生はいろいろと異動されて他の学校も勤務されていたのですが、先生にとってこの久留米高校は特別な思いをお持ちだったそうで、御見送りの曲は、久留米高校の校歌で、送ってほしいと奥さんに言われていたそうなのです。
それで、久留米のコーラス部のOBで、校歌を歌って先生とお別れされたそうです。
先生にここまで思われていた7期は、幸せです。

谷口くんの目に映ったものは、遠い私たちの、音楽の授業であったり、コーラス部の活動であったり、学園祭の「蜘蛛の糸」だったのでしょう。
塩野先生を語るときの谷口くん、目がにじんでました。



(PC等)

前ページ    次ページ